MENU

歯並び・咬み合わせを治療し、心身も健康に

歯・口元というものは目立たないようで、実は最も目につくところです。
歯並びや咬み合わせの悪さは、噛む機能の健全な成長発育を妨げるばかりでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼし、時には心理的なコンプレックスを招くことさえあります。
矯正歯科治療とはきれいな歯並び、よい咬み合わせを取り戻し、健康な体と心を作るための治療です。

歯並び・咬み合わせが悪いとこのようなデメリットがあります

  • 虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)になりやすい
  • よく噛めない・そのため胃腸障害が起こる
  • あごの成長・顔かたちにも影響する
  • 口元が気になり、コンプレックスになる
  • 発音しにくい

好ましくない歯並びと治療結果

叢生【そうせい】(八重歯・乱ぐい歯)

歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。
叢生の場合、歯ブラシが行き届かず、汚れが残れやすくなります。

治療前と治療後

歯が重なり合って、口の中ででこぼこしています。
見た目も良くありません。

上下の歯がしっかり咬み合わせられていません。
これではよく噛めません。

反対咬合【はんたいこうごう】(うけ口)

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)と言います。
うけ口の人は食べ物がよく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。
また、顔つきもしゃくれた感じになります。

治療前と治療後

下の歯が上の歯より前に出ているので、良く噛めません。発音も聞き取りにくくなってしまいます。

顔の中で下あごばかり目立ってしまいます。

上顎前突【じょうがくぜんとつ】(出っ歯)

上の歯が前に出ている咬み合わせを上顎前突(出っ歯)と言います。
歯が出ていると、折れたりくちびるを切ったりしやすく、見た目もよくありません。

治療前と治療後

上の歯が前に出ている咬み合わせを上顎前突(出っ歯)と言います。
歯が出ていると、折れたりくちびるを切ったりしやすく、見た目もよくありません。

顔の中でもとがった口もとばかりが目立ってしまいます。

開咬【かいこう】

奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わずに開いているものを開咬と言います。
いつまでも指をしゃぶっていたり、舌を出す癖があったり、鼻のとおりがよくないことから口で呼吸をしてしまうことなどから起こります。
開咬は、前歯で食べ物を噛めないばかりでなく、正しい発音もできません。

治療前と治療後

歯が重なり合って、口の中ででこぼこしています。
見た目も良くありません。

上下の歯がしっかり咬み合わせれていません。
これではよく噛めません。

矯正歯科治療の流れ

01. 初診(相談)

治療のあらましを説明いたします。

02. 精密検査

レントゲン写真・歯の型・歯やあごの写真撮影を行います。

03. 診断(検査結果の説明)

治療方法・装置・期間・費用の説明をいたします。

04. 治療開始

説明を理解していただいた後に治療を開始します。

矯正歯科治療Q&A

歯並びは確実に治せるものです

口元のコンプレックスに悩まず、輝かしく活躍するために…
ここでもう一度あなたのお子様、そしてあなたの歯を見直してみませんか?

© 2019 倉田歯科医院